真言宗天心会のスピリチュアルケア


宗教的スピリチュアル・ケアの基本方針とは、人生のあらゆる事象に意味や価値を見出すことができる前世、守護霊、魂のような、適切な有益な情報を効果的に伝えることによって、対象者が自分自身で、「人生の歩み」や「人生の使命」を高めていくよう導くことである。


現世では、自分の苦難は存在に関係なく、前ぶれもなくやってくるものである。
「私だけがなぜにこんなに苦しまなければならないのか?」といった問いに苦痛が現れてくる。
例えば、恋愛や結婚を考えてもなかなか出会いがないと悩んだり、苦痛が現れる。
また、妊娠や出産などにも現れたりするものである。
他に、仕事や人間関係、病気などにも前世に関わりがある。
その理由は前世が残した「心の残り」や「未練」や「忘れたもの」を取り返すために、何度も生まれ変わって成し遂げようとする。
その前世からのメッセージを知ることで、安泰な人生や幸せな人生を送ることができるのであ。
宗教的スピリチュアルケアは、前世のメッセージや守護のメッセージ、また先祖からのメッセージをお伝えすることで、本当の自分の生き方や使命を成し遂げられるものである。